BLOG運営 カテゴリー 初心者

ブログ初心者に1日の読めるオススメの本!高速アウトプット

ブログ運営する上でインプットは必須です。

方法は、いくつかあると思います。

 

その中でも効果的なのが読書だと言う人は、おおいですね。

結論もくてきのない読書は時間の浪費です。

 

何故なら読書をする事が目的になり

本来のゴールである良質な記事を書いたり収益をあげる

に直結しない行動だからです。

 

読書=結果に直結する行動の方法を学ぶ

 

勘違いしてると読書をすることに満足してしまい

一生結果なんかでません。

 

とはいえ読書は、自己研鑽に大事な方法です。

適切な本を適切に読むことが結果として読書した事が良い結果を生みます。

 

数ある本の中から何を読めばいいのか

適切な読書とは?

 

ブログ初心者の悩みだと思います。

この記事では、ブログ初心者が読んで役立つ本と読書方法を紹介していきます。

この記事を読んだら今日から良質なインプット

更にはアウトプットしやすい読書方法がわかります!

この記事の内容

本選ぶポイント

オススメブログ運営本紹介

良質な読書方法

ブログ初心者に1日の読めるオススメの本!高速アウトプット

本選びポイント

分厚い本は避ける

難しい内容の本は避ける

効果的に得た知識を運用できないければ

読書しても時間がもったいない。

まず本を選ぶ上での基準を作りましょう。

1日で読めるものがよい

分厚くないものにしましょう。 

 

今回のテーマである即アウトプットしやすいのは

1日で読めるくらいのボリュームがよいです。

 

数時間で読み上げ、その後読書した内容を実践

読書 実践 の感覚が開く程よくないです。

 

可能なら読みながら記事を書いたりリライトしましょう。

再現性のある内容がよい

作者は、キャッチーで人が読みたくなるようなタイトルをつけます。

「1ケ月で10万稼げるブログの書き方」みたいな感じですね。

 

変な夢は捨ててしっかり積み上げる事が必要です。

初心者は、基礎から学んでいく必要があります。

 

目次をサラッとみて全く意味が分からな過ぎる本は、いま読むべきでないと自分は基準を作ってます。

その場合知識量が足らないため読書のミスマッチがおきます。

ならば1つ2つ内容をランク下げ将来必要になったらその本を再度読むのがよいです。

読むだけじゃ意味ない

知識は、使うためにある 

行動量に満足しない

目的を持って読書する

必要箇所だけ読む

 

よくありがちなのが

今日も1冊読みました!色々学んだ!

みたいに読書に満足してしまう現象です。

 

読書は、自己研鑽にあるので読んだ内容を実践しなきゃ時間が勿体ないです。

読書する上でのスタンスをしっかりもっていく事が大事!

読書スタンスでの気をつけるべき内容を紹介します。

知識コレクターになったら終わり

読んだ知識を共有しているだけ

結局実践できてない俗に言う「知識コレクター」

にならないようにしましょう。

 

読書→実践→改善 

高速でPDCAを回して成長することだけを意識しましょう。

なんの為に読書するか決めて読む

高速でPDCAを回すためには、目的をもって読書をしましょう。

 

SEOの基礎知識やワードを理解したい 

SEOに強いライティング力をつけたい 

PV数をあげるために読書  

 

目的意識がある状態だと知りたい情報が入ってきた時の吸収量が桁違いです。

自分もだらだら読書をして1冊読み終わった時に実践する事が思い浮かばず

ただちょっとした知識が増えただけみたいな時期がありました。

 

もともと読書自体あまり好きでなかったから尚更です。

集中する瞬間がない読書はマジで無意味でした。

これだけ読めば十分

色々読み漁った結果オススメのブログ初心者が読むべき本を3冊紹介します。

自分だけでなく有名ブロガーさん達もオススメしてる確率が高い物を厳選しましたので信憑性はたかいと判断してます。

人を操る禁断の文章術

メンタリストDaigoさんの本です。

 

これは、超絶オススメです!

人を動かすために必要な要素を文章という観点から解説してくれてます。

ブログライティング以外にSNSの投稿やビジネスにも応用可能な要素が盛り沢山です。

評価の数々を見れば良質な理由が分かります。

 

頭に入ってきやすいように例題を多用されていています。

読書が苦手な人にも安心してオススメできます。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

これ1冊でSEOってなに?

みたいな人も丸分かりなボリュームです。

 

難しいイメージがあるwebマーケティングをストーリー仕立てで分かりやすく解説してくれます。

基礎の基礎から解説してくれてますので安心しながら読み進める事が出来る1冊です。

 

意外と書店で置いてなかったりするのでamazon とかで手に入れる事をオススメします!

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘

 

上の「ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション 」続編みたいな位置づけです。

 

 

今回は、前作よりもっと具体性が強くwebライティングについての解説がメインです。

ある程度webマーケティングの基礎知識がある人は、こちらから読んでもOKかなと思います。

オススメのインプット方法

どう風に読んだら効率よくアウトプットできるか考えるとよいです。

 

だれでも実践しやすい読書方法を紹介していきます。

またオススメツールも紹介していきますので明日から試せる具体的な話になります!

自分で本をオススメする前提で読む

まず本を読み終わったら内容の発信ができるようにしてみてください。

 

上手く相手に本の魅力伝えるには大事なポイントを抑えないといけません。

 

これを意識する事で内容で大事ポイントは、どこだ?

そう考えながら受け身の読書をしなくなります。

自分で情報を取りに行く読書になります。

同時にインアウトを行う

本を読みながら、実践しちゃいましょう。

 

例えば紹介した本の中で言うと

人を操る禁断の文章術 では幾つかの文章作成におけるテクニックが紹介されます。

1個のテクニックを読む→内容踏まえて1tweetしてみる 

多少読むのに時間かかりますが効果的な読書方法です。

 

即時学んだ事の効果を測定できる上に分からない箇所があるなら読みなおす習慣がつきます。

分からない部分を残したままの読書は取りこぼしが激しいのでもったいないです。

 

イメージとして登場人物が多い漫画を読んだことがある人は分かりやすいのでは?

以前登場したキャラを忘れてしまい、ストーリーが分からなくなるパターンがあると思います。

そこで皆んながやる事は、そのキャラの事を思い出す為に読み返したり、調べたりしますね?

それで初めて今読んでるストーリーを理解できる

 

わからないまま進めると頭の中がぐちゃぐちゃになり全然漫画を楽しめなくなります

漫画のストーリーを理解したい欲求のように

書かれてる内容を身につけたい欲求を無意識に高める方法に繋がります

これは、かなり効果的でした。

アマゾンkindleを使う

 

これは、最強なアイテムだと思います。

 

何故なら何冊でも本を持ち運ぶ事ができるからです。

作業を進める時たまにある事ですが

「前読んだ本の箇所を読み直したい」

と思う時があります。

 

読んだ本をいっぱい持ち歩く事は無理。

そんな時アマゾンkindleならサクッと読み返す事が出来ます。

 

その中でもオススメなのは、paper white 

オススメな理由

防水→風呂でも読める

バックライト→目が疲れない

サイズ感が丁度良い→至る所で読める

自分もマコなり社長の動画を見て買うこと決断しました。

その動画がこちらです。

 

 

本業でもパソコン作業が多い

スマホで読書する

コンタクト使用

上記理由で目の疲れが酷く悩んでました。

 

paper whiteを使ったら疲れを感じなくなりました。

更にスマホをいじる時間が減った。

結果仕事効率が上がりました!

読書で一歩前進した存在に

強制しませんが情報収集に悩んでる人は、オススメした3冊を騙されたと思って読んでください。

アマゾンkindle paper whiteを使って見て下さい。

 

3冊を再度紹介

 

Twitterでダラダラ情報をかき集めよる効率よく知識が手に入ります。

 

少しブログ運営に慣れてきたら有益な情報を発信してる人の情報も取り入れると効果的。

念おしになりますが、目的意識のない読書は時間の浪費です。

 

自分は、やらかして振り返って見ると無駄な時間を積み上げた自覚があります。

個人で稼ぐ時代の2020年が幕開けしたといえます。

 

せっかく1つブログ運営にチャレンジしたのに挫折しちゃうのは寂しいです。

 

有益な読書をすれば成長する事は、間違いないです。

正しい読書で頭1つ抜けた存在になることを目指しましょう!

  • この記事を書いた人

ATSUSHI

大学中退し29歳まで音楽活動をしながらバイトで生活したものの危機感を覚え29歳にして初めて就職活動。バンド活動で培ったマインドや行動力やノウハウを活かして会社員をしながらブログ運営と独学でプログラミング学習。 自分自身で生きる力をつけれるような情報を随時発信。

-BLOG運営, カテゴリー, 初心者

Copyright© A.S.L Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.