カテゴリー 仕事情報 転職

フリーター就職面接で対策は?抑えとくべき質問

今の状況から抜け出そうとしたフリーターさん達の多くがぶち当たる大きな壁が「面接」だと思います。

就職活動の面接が初めての人もいるかと思います。

バイトでの面接感覚でいると間違いなく失敗します。

でもしっかりとした準備をすれば相手側に自分の良さを伝えられて内定を貰える確率がぐーんとあがります。

喋りが下手な人でも実践できる対策を公開していきます。

本記事の内容

よく聞かれる質問

思考的に面接に強くする方法

面接での心得

面接対策も支援『オススメ就職エージェント』

 

フリーター就職面接で対策は?

先ずは採用側が「フリーター」という人にどーゆーイメージを持つか考えてみましょう。

プラスなイメージもあればマイナスのイメージもあります。

事実自分が就活をしている時も様々な質問が飛んできました。

とても悪意を感じてしまう場合も時にはありました。

しかしちゃんと話を聞こうとしてくれる会社もいっぱいありました。

そんな中で良く聞かれた質問を紹介していきます。

 

よく聞かれる質問

 

 

 

 

 

 

何故フリーターをしていた?

何故就職しようと思った

バイトでの業務内容や立ち位置

将来の展望は?

全企業といっても良いほど質問をされた内容のみをピックアップしました。

何故フリーターをしていた?

フリーターをやるにあたって

何故その働き方を選んだのか?

自分の場合は、音楽活動をしていたからです。

これは変に隠さずフリーターという道を選んで生活をしてきた理由を話したらよいです。

どんなに良く見せようとしても事実は、変わりません。

ならば自分がその生活を選んだ理由をハッキリというべきでしょう。

もちろんこれだけじゃただのダメな人と判断されてしまう人もいるかと思います。

そこで次の質問。

何故就職しようと思ったかを絡めていきましょう。

何故就職しようと思った

何故フリーターをしていたか?という質問とのセット質問みたいな感じで聞かれる事が多いです。

自分が一歩踏み出すキッカケになった感情伝えましょう。

しっかりと深掘りしていくべき内容です。

多分この記事を読んでくれてる人は、何か変わりたいって思ってる人が多いはず。

なら自分が就職活動をする!と思えた気持ちを大事にしましょう。

危機感、不安、何かを守りたい、変わりたい

純粋な気持ちをしっかりと伝えて自分の熱意や性格を伝えやすいパートでもあります。

バイトでの業務内容や立ち位置

これは、職歴がない人にはとても大事な質問です。

雇用形態は、違えどアルバイトも立派な仕事です。

面接官から非常に興味を持たれます。

自分がバイトで出してきた実績や得た考え方などをしっかりアピールしましょう。

ex.

バイトリーダーで時間帯責任者をやっていた

→管理業務をする事で利益計算の仕方を学び実践してきた

将来の展望は?

会社に入って何がしたいか?

そんな内容を聞きたい質問です。

会社に入ったらどーゆう風に活躍したりプラスの効果を発揮してくれるかを見極めたい。

それが狙いかと思います。

しっかり内定をもらう事がゴールにならずしっかり入ってからの事もイメージして面接に挑みましょう。

対策は?自己分析を徹底的にしよう

 

 

 

 

 

 

 

今回をきっかけに自分を見直す機会にしてみると良いと思います。

自分の将来をどう設計したいか。

何故今のタイミングで行動に移したのか。

今までの自分の経験は、どうだったのか?

分野毎に書き出してみましょう。

長期、中期、短期目標の設定

まずは長期の目標から決めていきましょう。

ex

5年後の未来どうなっていたいのか?<長期>

5年後の目標実現には、何が必要か?

必要な物を逆算した結果3年後にいるべき位置は?<中期>

3年後の目標実現には、何が必要か?

1年後にいるべき位置は?<短期>

志望動機

というようなざっくりですが現時点での未来計画からの逆算をして志望動機に結びつけるとよいです。

ゴールから逆算して物事を考えられるのは、結果主義の分野においては必須な考え方です。

この説明が出来るだけでも印象は、変わります。

そこの逆算に自分が経験してきた事やリサーチした事を織り交ぜていけばok!

今までの人生を振り返る

自分が何故今回就職活動を始めようとしたのか。

それが一番大事なアピールポイントです。

いままで自分は、どんな人生を歩んできたか?

経験をしてきたのか?

成功体験と失敗体験を洗いざらしましょう。

成功体験ばかりが先行する人が多いです。

失敗体験から学んだことも意外と興味をもたれますのチェックポイントです。

なんの為に働くか明確にしよう

なぜ多くの会社から面接にきている会社に入社したいのか?
これがブレたらもう何言っても説得力がなくなります。

どんな質問を受けても結局は最後は労働をする意味に戻ってくるような一環性を作る必要があります。

そのためには自分がなぜ働くのかは考え抜く必要があります。

『結婚するため』

『スキルアップのため』
『家族を養うため』
『企業するための勉強したい』

何が正解とかはないです。なので個人が本心で思っている事を明確にすることが大事です。

失敗例、やらないほうがいい事【実体験】

 

 

 

 

 

 

自分は就活の際8社前後の面接をしてきました。
うち内定を頂けたのは6社ほどでした。
その最中『失敗したな』という受け応えをいくつかピックアップしていきます。

これから面接に挑む人に役にたてばと思います。

共感しすぎに注意

面接官の話す事にしっかり相槌をうつことはとても大事です。

しかし面接官の意見に対して教科書通りの返事ばかり

共感のしすぎは自分の本来アピールした事の説得力を弱めることがあります。

面接官視点で判断されたことが全て正しいわけではありません。

時には共感しつつ、自分の思考で相手を納得させるような発言をする必要があります。

先入観で判断しない【冷静になろう】

自分は『どうせすぐに辞める』というような意見を頂いた事がありました。

その際うまく『辞める前提で物事を考える思考』に違和感しか覚えませんでした。

そこで確かに『早期退社』するような人もいる中『自分は早期退社前提で物事考えるくらいなら就活するという選択はしません』
『自分にとっては人生の大きな選択肢として今回の就職活動を捉えています』
とちょっと単純思考で応対してしましました。

そこの会社は真意が見えないという理由で落ちました。

面接官も多くの早期退職してきた人を見てきたからそのような発言をしてきたのだと冷静になればわかります。

相手の立場に立って質問の意図を見極める必要があったと思います。

同じ質問が違う会社で飛んできたました。
その時は失敗を踏まえて、自分の意見を述べつつ『なぜそのように思われたのか?』と質問をしてみました。

『音楽に熱中してきた人だから結局そこに未練があるのではないか?と感じたから』というお言葉をいただきました。

その答えを引き出せたから自分が音楽を諦めた思いや、守りたものを見つけて経緯などを話すきっかけを作れました。

そこの会社は熱意が伝わり内定を頂く事ができました。

喋りすぎに注意

質問をされたことに簡潔に応対すべきです。

話すぎると先方の不安要素や聞きたい事を限られた時間に解消する事ができない。

アピールしようとする気持ちが全面にですぎて熱意は伝わったけど。。。

みたいなオチになってしまう事は避けるべきです。

成功例、やったほうがいい事【実体験】

逆に実践した方がいいと思う事もありました。

反応が良かったり、評価されやすかった事を紹介します。

会社の将来のビジョンを質問する

面接はコミュニケーションだと思います。

一方が話続けるような形式だと有益な時間だったと思えません。

結果いい印象は持ってもらいにくくなります。

会社にしっかり興味を持っている姿勢が大事です。

そんな時にもってこいなのが『今後のどのような動きをしていくのか?』といい質問が良いです。

会社の内情もしれます。

ミスマッチングを無くすにも良い要素になります。

今までの経験をで学んで実践、改善した事を話す

バイトでもなんでもいいです。

経験した事→感じた事→改善行動→結果


このサイクルを明確に話す事が自分の物事に対しての俯瞰力や解決能力を相手にアピールする事ができる内容になります。

ちゃんと自分の置かれている立場を理解している事を話す

これは難しいかと思いますが、自分の置かれている位置を自分から理解を深めて発言する必要があります。

コンプレックスとしてではなく、今までの遅れや同年代との差を話しつつどうゆう風に追い抜き追い越せできるか?
という点をしっかり発言できると好印象を与える事できます。
『29歳、高卒、職歴なし』

この状況に対しての危機感を話しつつネガティブでなく伸び代や

これからの計画を話すことで相手の懸念事項を先方と共有できる事で

相手の不安要素を取り除く事ができます。

面接は対話

 

 

 

 

 

 

教科書通りの受け答えは正直必要ないと思います。

特にフリーターから就職する面接の場合尚更です。

今までの人生はいわゆる王道の生き方ではない

そんな人がどんな才能や能力を持っているのか?

それを先方が知りたいはずです。

そもそも経歴で社内基準外なら書類選考で落とされます。

なぜ面接をする時間をとってくれたのか?

それは自分に少しでも興味を持ってくれた。

会って話してみたと思ってくれたという事です。

ならば書類では分からない、見えてこない部分を相手に話す必要があります。

ちゃんと相手と対話する事が一番大事です。

これを意識して面接に挑みましょう。

合わせて読んで欲しい記事

 

 

  • この記事を書いた人

ATSUSHI

大学中退し29歳まで音楽活動をしながらバイトで生活したものの危機感を覚え29歳にして初めて就職活動。バンド活動で培ったマインドや行動力やノウハウを活かして会社員をしながらブログ運営と独学でプログラミング学習。 自分自身で生きる力をつけれるような情報を随時発信。

-カテゴリー, 仕事情報, 転職

Copyright© A.S.L Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.