カテゴリー 仕事情報 転職

ミイダスの評判は?特徴や使用上の注意点は?

転職するのが当たりまえの時代ですが方法は様々です。

 

多いのが転職エージェントを使う方法ですが

最近では合間時間を活用してうまく転職したい!

 

という気持ちに応えてかダイレクト型の転職サイトやアプリが続々出てきています。

 

在職しているとエージェントの面談に行く時間を作る事が厳しかったり

まだ転職しようと決めてないけど他の企業の採用情報を見てみたい

という人にはもってこいのサービスです。

 

今回紹介するのはMIIDAS(ミイダス) という転職アプリです。

特徴としてはダイレクト型であると同時に自分の市場価値が診断できる

という事で話題の転職アプリです。

 

使ってみた感想

オファーの質がイマイチ

オファーの件数が少ない

診断結果が不透明

よってミイダスを使いつつも転職エージェントを併用する事を強くオススメします。

オススメ転職エージェント

doda →転職するなら必須

JAIC→キャリアに自信がない人にオススメ

リクルートエージェント→色んな求人が見たい人

マイナビジョブ20's→20代転職したい人

ミイダスの評判は?特徴や使用上の注意点は?

転職アプリは非常に便利ではありますが、あまり期待しすぎるは禁物です。

便利なのには理由があります。

MIIDAS(ミイダス) の便利なポイントを紹介しつつ使用してみた感想や評判を紹介していきますので上手く「ミイダス」を有効活用してください。

 

利用者の中には悪い評判も上がっています。

事実はどうなのか?使用してみた結果をお伝えしていきます。

悪い評判

オファーの質が低い

診断結果が曖昧すぎる

ミイダスとは?

 

 

 

 

MIIDAS(ミイダス) 受け身型の転職アプリです。

他社との違いとして大きのは自分の市場価値を診断する事ができます。

今すぐ無料診断をする

 

いくつかの質問を回答する事で企業との自動マッチングまでこなしてくれる優れものです。

ミイダスのメリット

企業側からオファーが来る→受け身型でOK

自分の市場価値が分かる

ミイダスで出来る事①市場診断ができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アプリ内ではいくつかの質問に答える事で自分の市場診断ができます。

市場診断以外に「コンピテンシー診断」「パーソナリティ診断」もあります。

「コンピテンシー診断」仕事能力値診断・業種別適性判断  

「パーソナリティ診断」性格診断

必ずしも診断結果が全てでないですが1つの目安として利用するには良いです。

ミイダスで出来る事①面接確約型でマッチング

自分の診断が終わると企業側からオファーが入ってきます。

 

今回私が利用した時は直ぐに1社からオファーが入ってきました。

企業の詳細や業務内容も細かく記載されておりました。

 

エージェントを利用した時に紹介される非公開求人が舞い込んで来るイメージです。

 

ありがたい事に面接確約案件なので書類審査はないです。

ミイダスの評判からみる注意点

冒頭でも伝えたましたがミイダスを実際に使ってみて思った事を紹介します。

そこで使用上の注意点を考えていきたいと思います。

市場価値の算出方法が不透明

自分が診断した結果は幅が年収200万くらいの振り幅がありました。

 

オファーが来る企業は診断最大年収に近いものより最小年収に近い企業からのオファーばかりです。

そもそも算出方法がかなり不透明なので、何が基準で算出されているのかが分からないので信憑性がイマイチです。

 

あくまで1つの目安として使う感じにしたほうが良さそうですね。

オファーの質が悪い

受け身型のタイプにあるあるの話です。

オファーの質が低いです。

 

鬼安い年収の求人とかもザラです。

バイトの方が稼げるよみたいな求人も混在します。

 

今より良い状況を生み出したくて転職する人が多いはずなです。

大幅年収ダウンをしてまでてんしするわけがないですよね。

ミイダスを上手く使うには?

じゃあミイダスを使う価値がなし?


そう判断するには早いです。

ポイントは使い方です。

期待しすぎない

目安にしよう

エージェントと併用しよう

期待しすぎない

そもそも受け身型形式なので良い求人が舞い込んできたらラッキーくらい思うと良いでしょう。

実際取り扱っている求人数は多いので確率は0ではないです。

 

コストもかからないので登録しといて損はないです。

 

これ1本で転職するのは難しいかと思いますが併用する事で1歩進んだ転職活動ができます。

必ずエージェントと併用しよう

使用した感じからの判断になりますが「ミイダス」のみで転職を成功させるには少々厳しさを感じます。

日程調整やミスマッチを避けた求人紹介はやはりエージェント利用の方が上です。

 

併用がおすすめです。

 

転職が初めての人はどんな業種があるか分からない人も多いはずです。

 

そんな人はミイダスで色んな求人を空き時間に見て興味が湧いた職種をメモしておいてエージェントの面談の時にきになる事を聞いてみる。

 

これが最強の使い方だと思います。

ミイダスと合わせて利用すべき転職エージェント

エージェントの選定ポイント

【求人の量】 【担当の質】 【サポート内容】

オススメ転職エージェント

doda →転職するなら必須

JAIC→キャリアに自信がない人にオススメ

リクルートエージェント→色んな求人が見たい人

マイナビジョブ20's→20代転職したい人

doda

 

 

 

 

 

20代30代の転職には登録マストなエージェントです。

悪い評判は見た事ないですし、圧倒的な求人数を誇る会社

首都圏の転職希望なら先ず間違いないでしょう。

転職活動したけどなかなかマッチする求人がないという人にもオススメです。

特に30代にも強いのはかなり良いですね。

手厚いバックアップが期待できます。

JAIC

 

 

 

 

 

転職エージェントといえばの会社ですね。

教育という観点でも多くの実績をあげていて未経験や社歴、学歴に自信がない人にオススメです。

フリーターからの転職にも強く企業への売り込み力が期待できるエージェントです。

面接対策なども好評で多くの良い口コミが見受けられますね。

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

求人の抱えている量が圧倒的という口コミが多いです

しかし大手故に担当者の質にムラがあるようです。

どうしても担当者との合う合わないで転職がスムーズにいくかいかないかが変わってくる部分もあるので他のエージェントと併用することをオススメします。

マイナビジョブ20's

 

 

 

 

 

マイナビの20代特化型のエージェントです。

こちらも大手会社なので求人の幅は広いですね。

20代特化型なので20代は積極的に使用してみると良いでしょう。

逆に30代はdodaがオススメです。

まとめ

なかなか面白い診断をしてくれるMIIDAS(ミイダス) ですが単体での使用には注意が必要です。

あくまで転職の1つのツールとして使うことを強くオススメします。

復習になりますが。

・ミイダスに期待しすぎない

・あくまで目安として使う事

・エージェントと併用しよう

オススメ転職エージェント

doda →転職するなら必須

JAIC→キャリアに自信がない人にオススメ

リクルートエージェント→色んな求人が見たい人

マイナビジョブ20's→20代転職したい人

 

  • この記事を書いた人

ATSUSHI

大学中退し29歳まで音楽活動をしながらバイトで生活したものの危機感を覚え29歳にして初めて就職活動。バンド活動で培ったマインドや行動力やノウハウを活かして会社員をしながらブログ運営と独学でプログラミング学習。 自分自身で生きる力をつけれるような情報を随時発信。

-カテゴリー, 仕事情報, 転職

Copyright© A.S.L Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.