カテゴリー 仕事情報 転職

テレワークのメリットやリスクは?出社しない会社員

コロナウィルスでテレワークを推奨?

テレワークってなに?

出社しなくて仕事できるの?

こんな悩みを解決します!

テレワークとは簡単に言うと在宅ワークです。

出社せずに業務をする。

 

インターネット環境が整ってきた現代ならではの働き方です。

事実自分の働く会社でも導入されています。

 

もちろん良い事ばかりでは無いのですが

育児で出社が厳しい

満員電車のストレスから解放されたい

会社の人間関係がめんどくさい

 

こんな人には魅力的な雇用形態かと思います。

 

記事内容

テレワークについて知れる

テレワークへ切り替える方法


 

テレワークに切り替えたい人は、先ずエージェントにテレワーク採用をしている企業を紹介してもらいましょう。 

オススメ転職エージェント

テレワークのメリット出社しない働き方

 

 

 

 

 

会社に出勤せずに自宅で仕事をする仕組みです。 

 

インターネットの普及に伴って生まれた働き方がこの仕組み

まだまだ日本では馴染みがない制度ですけど徐々に増えてきていて

知らないだけで自分が今務めている会社でもテレワークがあるかもしれません

 

働き方の選択肢が増えている現代だから自分に合った働き方を探す上で知っといて損はない事です

テレワークとリモートワーク違いは?

結論同じ内容は同じです。

あくまで定義の仕方が違うというだけですね

テレワーク

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

離れた場所で仕事をする意味になります。

リモートワーク

いわゆる在宅勤務のこと。

所属している会社のオフィスではなく、自宅で働くことを指します。


導入企業は増加

育児で忙しい人や会社としてオフィスを持たない

 

理由は様々のようですが遠隔で仕事ができる時代になった事で

 

テレワークを導入する企業が増えてきています。

テレワークのデメリット 働く側

 

 

 

 

 

 

 

良い事尽くしでないのも事実です。

いざテレワークで働くとなると色んな問題に直面します。

求人が少ない

ルールが会社によって大きく違う

自己管理が難しい

コミュニケーションが取りにく

孤独

まだまだ導入企業が少ない


導入されていても情報漏洩リスクなどから任せられる仕事の幅が狭い

などでオフィスワークより選択肢は狭いのが事実です。

 

家でタスクをこなす観点からも自分でタスク管理をしっかりしないと成立しないですね。

実際は、この危機感から働き過ぎてしまう人もいるみたいです。

 

実際自分は前の仕事が好きな時にオフィスに行く制度の仕事をしていました。

 

そのため仕事に終わりはなく、自分で区切らない限り永遠と仕事をしてしまってました。

 

その当時はタスク管理も今より未熟で変な話24時間稼働みたいな状態だったため休もうと思った日も仕事が入ったら休日でも取り組んでしまったました。

テレワークのデメリット 会社側

情報漏洩の危険

管理が難しい


企業側のデメリットは働く側にも大きく影響してきます。

 

個人情報の取り決めが厳しい現代で自宅で作業する上で情報漏洩のリスク対策も余儀なくされます

よって細かいルールを厳しく設定する必要が場合によってはあります。

 

また対面でない分働き手の管理もチャットなどがメインになるので

お互いの信頼関係ありきの働き方になります。

 

テレワークを導入している企業も細かいルールのもとに導入しているケースが多いため働く側も窮屈に感じる部分が多いかもしれません。

テレワークメリット 働く側

 

 

 

 

 

 

 

場所に縛られない

満員電車に乗らなくて済む

自由度が強い


時間や場所に縛られない働き方は大きな魅力です 

それで且つ組織にいる事で得られるメリットも手に入る 

という合わせ技です。

 

時間や場所に縛られない働き方をするにはフリーランスで仕事をしたり開業するとかになっていました

 

そうなるとリスクもいっぱい抱えて人によっては再現性が低い働き方となる事が多かったでしょう

 

ですがテレワークはあくまで社員として働きかたを変えるという事なのでかなり再現性が高いものとなってます。

テレワークメリット 会社側

定着率が見込める

経緯費削減につながる

柔軟な仕事運びができる


会社側にもメリットがあります。

 

育児とかで止む無く退社した優秀な人材に違う形で働き方を提案できたり

交通費の削減という経費削減にも良い効果を発揮してくれます

 

またテレワークという働き方を希望する人材は柔軟に思考の持ち主が多い可能性が高いので今までと違う事業展開ができる可能性が高いです。

テレワークを始めるには?

 

 

 

 

 

 

 

いざテレワークで働きたい!と思ったらどうすれば良いの?

という疑問を解決します。

いまの会社にテレワーク制度があるか調べる

まず今の会社にテレワーク制度があるかないか調べましょう。

知らないだけでしれっと導入されているケースもあります。

 

事実自分が今務めている会社も知っている人は知っていがテレワークの制度がありました。

そこまで本格的に周知されていないケースが多いです。

導入企業を探す

検索エンジンとかで「テレワーク 求人」と調べれば意外と多くの求人広告が出てきます。

 

自分で調べて転職活動してみるのありですし、どんな業務内容があるのかリサーチをするにも効果的です。

エージェントに相談

本格的にテレワークの求人を探したいなら転職エージェントを使いましょう。

 

日々色んな職種を取り扱っている上、非公開求人も数多く抱えているので自分一人で求人を探すより遥かに効率よく自分に合った求人が見つかります。

オススメ転職エージェント

副業を本業にする

最終形態ではありますが自宅でできる副業を本業にしてしまう。

これも1つの選択肢です。

 

しっかりリスクも計算した上で切り替えする必要があるので注意は必要となります。

 

【まとめ】テレワークのメリットやデメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナでニュースで大きく取り上げられたテレワーク

 

日本では馴染みがあまりなかった働き方ですが今回をキッカケに多くの人が認知したと思います。

 

これからネット環境の発展なのでオフィスを持たない企業も増えるかもしれません。

今のうちからテレワークといった働き方に慣れとくのはアリです。

 

是非興味を持ったらテレワークに切り替えてみてください。

  • この記事を書いた人

ATSUSHI

大学中退し29歳まで音楽活動をしながらバイトで生活したものの危機感を覚え29歳にして初めて就職活動。バンド活動で培ったマインドや行動力やノウハウを活かして会社員をしながらブログ運営と独学でプログラミング学習。 自分自身で生きる力をつけれるような情報を随時発信。

-カテゴリー, 仕事情報, 転職

Copyright© A.S.L Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.