BLOG運営 カテゴリー

WordPressでサイトマップ作成してSearch Consoleに登録【手順】

サイトマップって何?

SEO対策になるってほんと?

 

そんな疑問を解決します!

サイトマップの意味を理解し簡単に登録作業するとSEOに効果的に働くケースが多いです。

 

この記事では

サイトマップの基礎知識

サイトマップ作成してSearch Consoleに登録する手順

を説明していきます。

WordPressでサイトマップ作成してSearch Consoleに登録

そもそもサイトマップとは何か?

 

簡単にいうとサイトの地図のようなものです。

 

サイトマップをSearch Consoleと送信しとくとSEOの順位決定をしているグーグルクローラーが自分のサイトを把握してくれやすくなります。

 

1度登録しとくだけで後は基本的に自動で記事を更新したらサイトマップをSearch Consoleに送信してくれます。

2種類のサイトマップとは?

XMLサイトマップ→検索エンジンに対して

HTMLサイトマップ→ユーザーに対して

上記2つのサイトマップの種類が存在します。

 

今回紹介するのは検索エンジン向けのサイトマップ『XMLサイトマップ』です。

SEO観点ではXMLサイトマップが大事

XMLサイトマップは、検索エンジンが自分のサイト記事を見つけやすくするために必要なものです。

SEOを意識してサイトを運営しているなら、やっとくべき事の1つと言えます。

 

WordPressではGoogle XML Sitemapsを使う

 

 

 

 

WordPressを使っている人はGoogle XML Sitemapsを使いましょう。

かなり簡単にXMLサイトマップを作成することができます。

記事作成時に自動更新

検索エンジンに自動通知

 

Google XML Sitemaps使い方

 

 

 

 

 

 

 

簡単に設定できますので手順を紹介していきます。

インストール

WordPressの新規プラグイン項目からGoogle XML Sitemapsを選び有効化しましょう。

すると設定画面に「Google XML Sitemaps」が表示されます!

 

 

 

 

 

 

 

 

Google XML Sitemapsの基本設定

 

 

 

 

 

 

これは特にいじらず、そのまましといて問題ありません。

Google XML Sitemaps投稿の優先順位

 

 

 

 

優先的に巡回してもらいたいページを指定する項目となります。

こちらはデフォルトだとコメント数になってますが

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう!

「設定を更新」をして完了

これをしないと設定した事が保存されないので忘れずに行いましょう。

Google Search Consoleでサイトマップを登録

Search Consoleのメニューから[サイトマップ]を選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「新しいサイトマップの追加」というところにサイトマップのURLを追加します。

 

 

 

サイトマップURLはWordPressのGoogle XML Sitemaps管理画面に表示されます。

 

 

 

サイト毎に違いますので必ずコピーして入力する事をオススメします。

 

XMLサイトマップは必須?

 

 

 

 

 

 

 

結論「必須ではない」です。

時間が経てばいずれはインデックスされます。

早く検索エンジンにページがインデックスされるというメリットが流のは事実です。

今回の手順を1回しとけば後は自動なので面倒くさがらず作業しとくのがお得です。

  • この記事を書いた人

ATSUSHI

大学中退し29歳まで音楽活動をしながらバイトで生活したものの危機感を覚え29歳にして初めて就職活動。バンド活動で培ったマインドや行動力やノウハウを活かして会社員をしながらブログ運営と独学でプログラミング学習。 自分自身で生きる力をつけれるような情報を随時発信。

-BLOG運営, カテゴリー

Copyright© A.S.L Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.